一般的なTAB譜

音符の下に、トーンバーの位置をを示す数字を付けるのが、一般的なカリンバのTAB譜です。

数字と音程の関係

数字とトーンバーの関係

「L」は左手親指、「R」は右手親指で弾く側という意味です。

記述方法

トーンバーや演奏方法などを指定する記述方法があります。

オクターブ

「●」が数字の上に付いていればオクターブ上、下ならオクターブ下です。

上段のトーンバー

下段を基準に考え、♯2とか♯6のように、数字の前に「♯」を付ければ、上段のトーンバーという意味です。

スライド

数本のトーンバーを、滑らせて和音のように弾くことを「スライド」と呼び、「~」の記号を使います。

例えば、1から5までをスライドさせるときは、「1~5」と書きます。実際には、1、3、5の音が鳴ります。

これは下段のトーンバーだけではなく、上段でも「#1~#5」のように使うこともあります。また、「#4~6」のように、上段から下段へ斜めにスライドすることもできます。

数字を2段で書く場合

和音をスライドだけで弾けない場合などに、よくこのような記述を使います。 これはL側とR側で同時に弾くという意味になります。

 目次 
ページのトップに戻る